学習塾を選ぶときに

タイヤ伝説 > 注目 > 学習塾を選ぶときに

学習塾を選ぶときに

2018年1月12日(金曜日) テーマ:

中学生の場合学習塾の選び方として集団か個別かというのはよくありますが、学習内容についても検討する必要があります。中高一貫校の内部進学を目指すのであれば、在校生が多く通っている塾や大学受験まで見据えて早いスタートが切れるコースを用意している塾を選ぶべきです。高校受験が必要な公立中に通っている場合、内申重視でテスト対策に全力を注ぐ塾と、国私立難関校狙いのより深く応用的な内容を扱う塾とでカリキュラムが天と地程違います。前者タイプの塾ですといざ難関校を目指そうとなった時にノウハウがなく転塾をせざるをえません。後者タイプがよいかというとそうも言い切れません。最難関校はテスト1発勝負の印象がありますが、内申を「参考程度」に見ているからです。どこまで重要なのかは完全に内部情報なので推測しか出来ないのが厄介です。どちらにせよ対策は早いうちからが望ましいのですが、学力が急に伸びる可能性のある中学生の選択肢を狭める危険もあり、ジレンマです。総合学習塾であれば最初は内申対策、成績が上がれば難関校コースへと推薦される仕組みを取っていることもあるので、そのような学習塾で様子を見るのも考慮に入れてはいかがでしょうか。

塾の選び方のコツってある?基準は何?



関連記事

学習塾を選ぶときに

学習塾を選ぶときに

2018年1月12日(金曜日)

酵素ダイエットをする人によく飲まれているファイトピ

酵素ダイエットをする人によく飲まれているファイトピ

2015年7月27日(月曜日)

キャンペーンを利用して試すフラッシュモブ

キャンペーンを利用して試すフラッシュモブ

2015年5月12日(火曜日)

結婚式に相応しいフラッシュモブを考える

結婚式に相応しいフラッシュモブを考える

2015年5月 7日(木曜日)

プロポーズに相応しいフラッシュモブの曲

プロポーズに相応しいフラッシュモブの曲

2015年5月 1日(金曜日)